髪の毛が白髪になってしまう理由には細胞が関係していた?

何故白髪になるの?

髪の毛が白髪になってしまう理由には細胞が関係していた?

30代40代になると、白髪がチラホラ見え始め、一気に増えるということがあります。若い人の中にも時折白髪が見え隠れする人がいるなど、なぜそうなるのか、その理由が気になるところです。
そもそも髪の毛が黒いのはメラニン色素があるからであり、メラニン色素によって色を出しています。
つまり、このメラニン色素が抜けてしまうと髪の毛は色を失い、光の加減によって白く見えることから白髪が生えているということになります。

白髪にもタイプがあり、メラニン色素が働かない休止タイプ、メラニン色素がそもそも少ない欠乏タイプに分かれます。
考えられる理由としてまずは老化があげられます。老化によって細胞の働きが衰えるために働かなくなるということがあるためです。
ほとんどのケースがこれに該当し、年をとればそうなるという認識は決して間違いではありません。

何故白髪になるの?

次に栄養障害です。細胞を活性化させるには栄養素が必要であり、ミネラルやアミノ酸、ビタミンなどが重要視されます。
そんな中、これらが不足してしまえば、年齢に関係なく細胞の動きが止まっていくのは当然です。栄養素におけるバランスの偏りがあるために、結果としてメラニン色素が働かないということがあります。
若くして髪の毛が白いという人は栄養素のバランスを調整しただけで改善したということもよくあります。若い人にありがちなものとしては生活習慣の乱れもあります。
髪が成長する時間は夜ですが、その時間に起きていると当然ながら髪の毛にはよくないため、栄養不足、栄養障害と相まって髪の毛にダメージを与えるということにつながります。

年代に限らず、ストレスによって髪の毛が白くなるということがよく見られます。ストレスが強くかかる時期が続くと髪にも強い影響を与えます。
強いストレスに悩まされている人が白髪になるというケースは決して珍しいことではありません。他にも、病気や遺伝といったものでもなってしまうことから、注意が必要です。
栄養素の改善を図る意味合い、そして、老化による細胞の衰えをカバーするために食事で栄養素を補っていくことが求められ、特にミネラルを摂取していくことが必要です。
髪の毛にいいと言われる海藻類はもちろんのこと、野菜や穀物、魚介類などバランスよく食べていくことで補っていくことができます。
そして、生活習慣の見直しや食生活の改善を図り、ストレスのない生活をできる限り送っていくことが大切になります。